乳児湿疹とは?

乳児湿疹(にゅうじしっしん)についてまとめたことを書いておきますね!

乳児湿疹とは、0~1歳の乳児期にできる湿疹のことを言うそうで、新生児ニキビ、乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)、乳児汗疹性湿疹(にゅうじかんしんせいしっしん)など赤ちゃんの肌トラブルをまとめて乳児湿疹と呼んだりするみたいです。

症状もカサカサ、ジュクジュク、べたべたになる赤ちゃんもいたり、現れる場所も顔や体、手や足など様々な場所にできるみたいです。

 

乳児湿疹の原因と対処方法は?

乳児湿疹の原因は、皮脂と汗の分泌が原因、肌の乾燥が原因、皮膚の角質層が薄いのが原因などがあるようですが、基本的に何もしなくても治る子は治ると思います!

うちの子は、乳児湿疹が出てきたのは産まれて数週間ぐらいでした。

鼻の先端に黄色いツブツブとしたものが出てきたのが始まりでした。

その時は、乳児湿疹という言葉も知らなかったのですが、産婦人科に連れて行くと助産師さんに乳児湿疹だね~と言われたのを今でも覚えています。

最初は、鼻の先端だけだったブツブツもいつの間にか、顔全体のいたるところにできて黄色いかさぶたのようになっていました。

助産師さんに「顔洗ってる??」「石鹸で洗うといいよ」と言われ、ただでさえ、顔をかいていたので怖くて優しく濡れたガーゼで拭き取るぐらいでしたが、助産師さんが言うよに石鹸を使って洗っていると結構きれいになりました。

が、黄色いかさぶたのようなものは取れましたが、顔全体がカサカサして乾燥してしまい乾燥のせいか、顔をかくようになった気がします。

ベビーオイルなども試して見ましたが結局、変わらなかったですね!(笑)

石鹸、ベビーオイル、保湿クリームなども使ってあげるのも悪くなないと思いますが、一番の対処法は免疫力を上げる事だと思います。

そのためにも、母乳(私の食事)を気にしてあげれてたらよかったかな!なんて最近では思います。

 

 

コメントを残す