アトピーの発症時期

アトピーの発症時期について調べてみたことと、私の実体験を交えてまとめてみました。

うちの子供は、生後2か月ほどでアトピーを発症しましたが、赤ちゃんのアトピーは、おおよそ生後4か月ぐらいから発症されると言われているようです。

また、アトピーと診断される診断基準は、曖昧で「痒みを伴う」「アトピー特有の部位に症状がみられる」「慢性的に2か月以上、症状が繰り返し出ている場合」にアトピーと診断されるようです。

うちの子供も、最初は乳児湿疹と診断されていましたが、いつだったかカルテにアトピー!と書かれるようになっていました!(笑)

アトピーかな??という症状

・かゆみを伴う
・赤い湿疹ができる
・湿疹がジュクジュクしている
・肌がカサカサしている
・関節、耳の付け根などにできる
・症状が治まっても繰り返す

などが、アトピーの症状とされているみたいですね。

うちの子供は、首が座るか座らないかぐらいで、必死にもがき耳や頬を床に擦りつけたり、必死に手を動かしや耳や頬をかいていましたね。

床や手で掻きむしり耳周りがカサカサになったり汁が出ていました。

おかげで、寝返りも早かった気がします!(笑)

アトピー生後2ヶ月の写真

アトピー子供生後2ヶ月

治療法は、、、

治療法に関しては、様々な意見があるようですね!

・お肌を清潔に保つ

・敏感な肌を小まめに保湿ケア、ベビーローション

・ステロイドを使用

・ハウスダストやホコリなどを防ぐために環境を整える

などなど

 

実際に、私がやったほうが良いと思うのは、ハウスダストやホコリなどを防ぐために環境を整えるぐらいです!

そもそも、赤ちゃんってそんなに不潔なの!?

そんなに赤ちゃんって乾燥するの!?

仮に乾燥していても、赤ちゃんの肌は敏感!と言っているのにそんなもの塗っても大丈夫なの??

など疑問が残ったからです。

また、実際に生後2か月ぐらいのときに念のため産婦人科を受診したところ、赤ちゃん用の軟膏をくれたので、塗ってみるとグチュグチュに悪化したのを覚えています。

あれは何だったんだろう、、、。

今思うのは、やっぱりお薬に頼らず自分の力を高めること(免疫力)が大切だと思います。

コメントを残す